2011-02-23

2011年2月23日

Shalitの家族はNetanyahuを攻める
4年前にハマースに捕獲されたShalitの家族は彼の釈放の交渉に成功できないままのNetanyahuを攻め、責任を負わせている。ハマースはShalitの釈放に女性と子どもの優先でイスラエルが捕獲した1400人のパレスチナ人の捕虜交換を提案したが、今でも断られたままである。

違法植民のユダヤ人は220本のオリーブ木を切った
自分らの土地を広めるため、違法植民のユダヤ人はNablusにあるパレスチナ人のオリーブ木の農園に侵入し、機関銃や自動小銃を持った植民に見守られながら220本のオリーブ木を切った。同時に他の植民はヨルダンにいる家族を攻撃した。ハマースはアッバス政権にちゃんとパレスチナ人を守ってほしいと強調した。

ハマース:ファタハからの和解の話はまだない

イスラエル軍がHawaraの検問所で大学生を誘拐
体調を崩して病院に向かったNajah国立大学の大学生は検問所で連れて行かれたまま戻ってきていない。

ハマース:エジプトの改革でイスラエルは不安
ムバラック政権が没落してからエジプトとイスラエルとの和平合意の妥当性が明確になっていないため、エジプトの改革で一番不安を感じているのはイスラエルだという。アラブ政権はいずれ民主主義となりイスラエルの立場に変化が現れる。

ハマースはデモの参加者を戦闘機で射殺しているリビアの政権を強く非難

イスラエルがエルサレムで国会議員の住宅を手入れ
ハマースの保護を求めた国会議員の住宅と事務所と彼の親戚の住宅がイスラエル軍に侵入され、手入れを受け、数人が誘拐された。

0 件のコメント:

コメントを投稿